カナダのビザ

canada

カナダのビザ

カナダ留学・ワーホリをする場合のビザは主に3種類あります。留学期間や目的によってビザが異なります。またそれぞれのビザによって条件もありますので、自分の留学プランに合ったビザを選びましょう。

観光ビザ(eTA:電子渡航認証)

6ヶ月までの滞在で、仕事をしない方はこちらのビザとなります。カナダの観光ビザはeTA(電子渡航認証)の申請が必要となります。

*基本的に6ヶ月までの滞在と就学が可能
*仕事は認められていない
*日本での事前申請の必要なし
*年齢上限なし
*必ず往復航空券での入国の必要あり
*原則、銀行口座は開設できない

eTA申請方法 >

学生ビザ

基本的には6ヶ月以上からの取得となりますが、6ヶ月までは観光ビザでも渡航可能です。7ヶ月以上は必ず学生ビザが必要となります。語学留学では仕事はできません。

*語学留学の場合は仕事(アルバイト)は認められていない
*6ヶ月以上就学する予定の人が取得、学校の通学期間分のビザが取得できる
*特に「一生に何回」と定められていない
*申請は渡航の6〜3ヶ月前が目安
*年齢の下限も上限もなし
*通学を延長すると、学生ビザも延長可能
*銀行口座を開設できる

ワーキングホリデービザ

1年間有効なカナダで仕事ができるビザです。カナダでは6ヶ月まで通学も可能です。

*カナダで仕事(アルバイト)ができる
*渡航後1年間有効
*カナダのワーホリビザの申請は一生に一度
*1つの学校で6ヶ月まで就学可能(別の学校であれば、さらにもう6ヶ月まで通学可能)
*18歳~30歳まで限定
*銀行口座を開設できる

カナダワーホリビザ申請方法 >

FAQ

通学6ヶ月以下、学生と観光どちらを選ぶ?

もし学校を7ヶ月以上延長する可能性がある場合には、学生ビザの方が延長がスムーズです。(観光ビザでも学生ビザへの切替は可能ですが手続きが少々複雑です)

学校延長の予定がなければ、観光ビザの方が申請が不要な分、手間や費用がおさえられます。

観光ビザは銀行口座は開設できませんが、クレジットカードがあれば日常生活はほとんど問題ありません。また現金については、国際キャッシュカードやキャッシュパスポートなど(詳しくはこちら)で、現地のATMから日本円を現地通貨に変えて、お金を引き出せます。少々海外送金よりレートは悪いですが、レートの差額と学生ビザの申請費用を比べると、使う金額にもよりますが、むしろ観光ビザの方がお得か、せいぜい同じようなものです。

そのため学生ビザにかかる手間や時間を考えると、観光ビザで行かれた方が簡単です。実際6ヶ月以下の場合、ほとんどの方が観光ビザで渡航しますが現地で特に問題や困った話は聞きません。また通学期間があまり短いと、入国時に学生ビザがおりないというリスクもあります。

学生とワーホリどちらを選ぶ?

学校は半年までしか通わない、カナダでアルバイトがしたい、学校に通学するだけではなくいろんな経験がしたい、という場合はワーキングホリデービザがおすすめです。ただしワーホリビザは一生に一度しか取得できません。そのため特にアルバイトをしない、6ヶ月以内しか滞在しない、という場合に使うのは少々もったいないかもしれません。

また留学するからには1年間しっかりと英語の勉強がしたい、専門的なコースも目指したい、という場合は学生ビザでの渡航が必要です。

現地で観光・学生から、ワーホリへ切り替えはできますか?

観光や学生ビザで渡航し、現地でワーホリビザへ切り替えをすると1年以上滞在できるため、最近はビザの切り替えをご希望する方が増えています。

ただしビザの切り替えには少なからずリスクが伴います。以下をよくご覧の上ご検討ください。

カナダワーホリビザ切り替えの方法とリスク >

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡