オーストラリア

オーストラリア出発前最終確認

オーストラリアの出発前最終確認のご案内です。

出発の1週間前頃になりましたら、忘れ物がないか最終チェックをしましょう。

1. パスポート

  • パスポートの有効期間が帰国日まであることを確認
  • 盗難・紛失に備えてコピーを取っておく

パスポートは必ず手荷物としてお持ちください。パスポートを忘れてしまう生徒さんが毎年数名いらっしゃいます。パスポートは忘れると出国できません。自宅を出る前にも必ず数回確認して絶対に忘れることのないよう注意しましょう。

2. 学生ビザ・ワーホリビザの方

オーストラリアでは全てのビザがオンラインで管理されているため、通常ですと入国審査で必要なものはパスポートのみとなりますが、提示を求められた場合に備え、ビザの発給通知書を印刷し、パスポートと一緒に手荷物でお持ちください。

  • 許可書は必ずパソコン上で開き、印刷する時も必ずパソコンから行ってください。携帯で確認する許可書は申請番号、日付や名前など重要な情報の記載が表示されないケースがあります。
  • 資金証明もお持ちの方は手荷物で持参してください。ただし提示を求められた場合のみ出すようにしてください。

入国後にインターネットからVEVOにてビザのステータスを確認することができます。

VEVO確認方法
http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/vevo_jp.html

3. 航空券

  • 出発日時、到着日時を念入りに確認、パスポートと一緒に保管
  • 事前に空港までの行き方、ターミナルをしっかり調べる
  • 出発当日は、出発時間の3時間前には空港に到着する
  • ETASの申請(観光ビザのみ、学生とワーホリビザは不要)万が一していない場合には以下よりすぐにしてください。
    >ETAS申請方法

毎年、飛行機に乗り遅れる生徒さんがいらっしゃいます。時間は再度確認し余裕を持って行きましょう。

4. 海外旅行保険

入国で保険の提示を求められることはありませんが、万が一に備え保険証は手荷物として持参しましょう。万が一まだご加入されてない場合は、至急Blossaへご連絡ください。オンラインで即日加入できます。

学生ビザの場合、OSHC学生保険の保険証書を必ず手荷物でお持ちください。

5. 外貨の両替

出国前にオーストラリアドル$200〜$300ほど両替して準備してください。両替は出発前に日本の空港でもできます。事前に銀行でする場合は、オーストラリアドルの取扱があるかどうか銀行にご確認ください。

現地に着いてからと思っていると、乗り換えで何かあってお金が必要となったり、またオーストラリアの空港の両替所が閉まっていたりすることもありますので、必ず日本で最低限は両替しておきましょう。

6. 荷物の紛失

スーツケースの取り間違えを防ぐために、スーツケースに何か目印をつけましょう。また、もし入国審査等でスーツケースを受け取るまでに1時間以上かかってしまった場合、ターンテーブルではなくフロアに荷物が置いてある可能性があります。

ロストバゲージは海外でよくあることです。万が一スーツケースが出てこなかった場合は、空港の係員の方に伝え、必要な手続きをしてください。

7. オーストラリア入国

オーストラリアは2016年6月より、スマートゲートが導入され自動化されています。日本のePassportをお持ちの方は、入国や出国の際に審査官はおらず全て機械で行われ、自動で事前に申請しているビザ(観光・ワーホリ・学生)が発行されます。パスポートへの入国スタンプやビザシールも廃止されました。

パスポートに以下のサインがある場合は、ePassportとなっています。

<ご注意>現地で銀行口座を作る方へ

現地で銀行口座を作る予定のある方は、入国の証明としてパスポートに入国スタンプがあった方が口座作成の際スムーズです。スマートゲート付近にいる空港係員に入国スタンプ(entry stamp)が欲しいと告げて、係員の指示に従ってください。スマートゲートではなく有人のカウンターに行くように指示されるか、スマートゲートをくぐってからカウンターに行くなど、指示されます。

ただし以前は銀行職員のスマートゲートの認知度が低く、口座の開設に入国スタンプを求められていましたが、最近はスタンプがなくても入国日が分かればスムーズに開設できるケースが増えています。カウンターが混んでいると、空港職員からも銀行口座にスタンプは必要ないと言われてしまい、もらえないこともあります。もしスタンプをもらえなくても心配せず、銀行で口座開設の際にはスマートゲートで入国したことを説明し、必要な書類などを確認してください。

スマートゲートの通り方

スマートゲートについては以下にご案内がありますが、空港の係員の指示に従って周りの方と同様に行えば問題ありません。

Australia SmartGate公式案内(英語のみ)
https://www.border.gov.au/Trav/Ente/Goin/Arrival/Smartgateor-ePassport

STEP1のディスプレイにパスポートをタッチしカードを受け取り、STEP2のゲートでカードを入れてパスポートを置き、顔写真を撮影・審査がパスできれば通過となります。公式ではありませんが分かりやすい動画がありますので、ご覧ください。

また入国カードは通常飛行機の機内でもらいますので、手荷物でペンをお持ちになり到着前にご記入ください。書き方は航空会社のサイトをご確認ください。英語での記入となるため事前に分からない箇所がないか目を通しておくか、ご不安であれば機内で見ることができるよう、印刷や携帯でスクリーンキャプチャしてお持ちください。

https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/oce/au.html

8. 乗り換えのご注意

乗り換えのある方は、遅れることのないよう以下の点にご注意ください。

  • スーツケースを預ける際、受け取りがどこになるか確認してください。通常、最終目的地まで運ばれることが多いです。
  • ターミナルが離れていてバスで移動が必要だったり、入国や手荷物検査に並んだりすることがあります。空港内では速やかに移動し、出発ゲートまで確認してから、食事など休憩するようにしてください。
  • 搭乗締め切り間近になってしまいアナウンスで名前を呼ばれた場合には、優先的に手荷物検査を進めてもらえますので、近くの係員に知らせてください。

 

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡