留学期間

留学期間

語学留学は1週間からすることができます。

夏休みや冬休みの短期留学は1〜2ヶ月通学、語学を目的とした勉強やワーホリは3〜6ヶ月通学、しっかり英語を身に付けたい方は1年間通学など、ご自身のプランによって留学期間をご検討ください。

どれくらい留学すると英語が話せるようになる?

よくいただく質問ですが、ご出発前の英語力や、目指す英語のレベルにもよりますので一概には言えません。

ただ「3ヶ月」が英語を学んでいく上で上達が感じられる通過点の一つと言われています。初中級者の方でも、英語に慣れて聞き取ることができるようになる、簡単な日常会話が話せるようになる、というのがだいたい3ヶ月くらいです。

短期留学(3ヶ月)

英語力アップを目指すのであれば、最低3ヶ月以上は留学することをおすすめしています。これから語学留学をお考えの方は3ヶ月を一つの目安としてお考えください。

長期留学(6〜12ヶ月)

中級以上の方であっても、1年の留学でも勉強することがなくなるということは決してありません。

語学学校には、一般英語だけの勉強ではなく、ビジネス英語、TIOEIC、英語指導者資格、通訳・翻訳、医療英語、インターンなど様々なコースがあります。また語学学校に併設されたカレッジなどには数ヶ月の短期から通学することが可能で、より幅広い勉強をすることができます。

何年勉強していても英語を話せない方も多いように、やはりひとつの言語を身につけるというのは簡単なことではありません。しっかり英語を身に付けたい、ビジネスで英語を使いたいという方は、半年から1年の留学をおすすめします。

Blossaでは長期留学のカウンセリングを得意としています。カウンセラーは全員ベテランのカウンセラーのみですので、学校、専門コース、ビザの選び方まで一人ひとりにあったプランニングをしっかりいたします。

 

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡