12.留学の持ち物

留学の持ち物

留学の持ち物について、必須アイテムから、もしあったら便利なものまで、短期留学、長期留学、学生ビザ、ワーホリビザ、それぞれ目的に合わせてご案内します。

先進国ではほとんどのものが現地で購入できます。そのため留学の持ち物は、「できるだけ少なく、軽く」し、留学先での購入が難しいものや、日本で買うより割高になる物を優先させ、迷ったら置いていきましょう。

また航空会社に預ける事ができる荷物には制限が設けられています。重量制限を超過した分に対して、1キロ毎に超過料金が発生するので航空券の手配時のご案内をご確認ください。ご不明な場合は、旅行会社か航空会社にお問い合せください。

留学の必需品・貴重品

必需品・必需品は忘れることのないよう、2回以上チェックしましょう。

渡航の際には機内に預けるスーツケースの中ではなく、必ず手荷物でお持ちください。

パスポート パスポートがないと出国できません。有効期限を確認し、盗難に備えコピーも取って持参しましょう。
航空券(Eチケット) フライトの時間は遅れないよう再度確認し、必ず印刷して持参しましょう。
現金(外貨+日本円で3〜10万円)

 必ず外貨を日本で2〜3万円ほどは両替して持参してください。海外の空港の両替所は時間によっては閉まっていることがあります。残りは日本円で持参して現地にて両替でも問題ありません。

クレジットカード  2枚持っていくと安心です。VISA、MasterCardが主流です。JCBは海外で使えないことが多いので注意してください。
国際キャッシュカード or キャシュパスポート  海外でいざという時に、ATMからお金をおろすことができます。レートはよくありませんが緊急時に備えて持参するといざという時に安心です。
資金証明
(銀行の残高証明などを英文で用意)

最近は提示を求められないことが多いですが、ワーホリビザで片道航空券の場合のみ、持参すると入国時、安心です。

準備ができない場合には、通帳のコピー等を持参しておくとよいでしょう。

学校の入学許可書またはオファーレター  印刷して持参しましょう。
ホームステイ情報  印刷して持参しましょう。
海外留学保険証書  緊急時の保険会社の連絡先と一緒に持参しましょう。
学生・ワーホリビザ許可証  学生ビザとワーホリビザの方のみ必要です。許可証は必ず手荷物で持参し、入国審査の際に提出してください。
eTA(カナダ)、ETAS(オーストラリア)の印刷したもの  観光ビザの方のみ必要です。証明書はありませんが、念のために備え申請が完了したと分かるものを印刷して持参しましょう。
マイナンバー

学生・ワーホリビザの方は、銀行口座開設にマイナンバーが必要となる場合があります。(観光ビザの方は口座を開設できないので持参不要)

現時点では原本の提示は不要で、番号を記入するだけの銀行がほとんどです。マイナンバーをコピーやスマホで撮影して持参するか、もしくは番号を控えていきましょう。

マイナンバーは、住民票を抜くと一旦無効になりますが、帰国後に再発行される番号は同じです。

各種証明書  国際免許証や国際学生証など必要な方はご持参ください。

留学の収納用品

留学費必要なスーツケースやバッグです。荷物は大型のスーツケース1つに、機内持ち込みのボストン1つで渡航される方が多いです。

スーツケース  日数に合わせて準備しましょう。これから購入する場合、最大でも90〜95Lを目安に検討しましょう。大きすぎても、全部詰めると重量オーバーとなります。
機内持ち込みサイズのバッグ  ボストンバッグやバックパックなどが多いです。滞在中、週末などの小旅行にも利用できます。
通学用バッグ  通学に使用するバッグです。バックパック、ショルダーなど、両手が空くものが人気です。渡航の際は機内持ち込み用のバッグに利用してもよいでしょう。
折りたたみバッグ  荷物が増えてしまった場合にあると便利です。
収納用品  ポーチなどの収納グッズを使うと荷物の整理がしやすいです。

留学のデジタル製品

ノートパソコン、スマートフォンは預けると破損の原因になるため、機内に持ち込みましょう。

ノートパソコン 必要な方はお持ちください。
タブレット 必要な方はお持ちください。 
 スマートフォン

スマートフォンは、海外での契約がなくても空港やカフェなど、フリーWifiがあるところで使えるためお持ちいただくと便利です。

長期の方は、現地でSIMカードを契約して使えるよう、SIMフリーにしておきましょう。よく分からない方は、現在契約している携帯会社へご確認ください。

また日本で契約したまま持参する場合、海外利用が高額な場合もありますので、ご注意ください。

電子辞書

学校では授業にはスマートフォンの利用が禁止されていることがあります。低価格のものでもいいので、電子辞書を持参すると便利です。

変換プラグ・変圧器

 変換プラグ:電圧が海外対応の電化製品(ノートパソコンやスマートフォンのバッテリーはだいたい対応しています)で、コンセントの形状が異なる場合に使います。電圧は変換されませんのでご注意ください。

Aタイプの国は、日本と同じため、変換プラグは必要ありません。

・アメリカ・カナダ:Aタイプ
・オーストラリア:Oタイプ
・マルタ・アイルランド:BF(G)タイプ
・フィリピン:Aが主流、まれにB3、C、Oタイプ

変換プラグは、ダイソーなど100均でも売っています。

変圧器:日本用の電化製品の電圧を海外用に変えるものですが、使用しても上手く使えなかったり、危険なこともあり、あまりおすすめはしません。ドライヤーなどは、現地で安いものを購入するのがおすすめです。

注意

・モバイルバッテリーは規則が厳しい航空会社が多くなりました。(通常の充電用のコンセントではなく、電池がなくなったときのために持ち歩く予備のバッテリーのことです)ご利用予定の航空会社へ詳細をご確認ください。

ギャラクシーノート7は飛行機へは持ち込めない航空会社がほとんどです。

留学の手荷物品

機内に持ち込むと便利なものです。

筆記用具  ボールペン1本は必ず機内に持ち込みましょう。入国カードの記入が必要です。
ガイドブック・英会話集  機内であると読み物にもなりますし、便利です。
トラベルグッズ  ネックピロー、アイマスク、耳栓、スリッパなどあると機内でくつろげます。
ストール・カーディガン  機内は冷えるのでブランケットだけでは寒いこともあります。特に女性の方は持参することをおすすめします。ホッカイロも役立ちます。

留学の日用品

日用品です。海外では飛行機に預けたスーツケースの紛失・遅延が起こることが時々あります。そのため下着や歯ブラシ、コンタクトなどの必需品は1〜2日分程度は手荷物でお持ちください。

歯ブラシ・歯磨き粉  1週間分くらいはお持ちください。
ハンカチ・ティッシュ  1週間分くらいはお持ちください。
シャンプー・トリートメント  1週間分くらいはお持ちください。
フェイス・ボディソープ  1週間分くらいはお持ちください。
ヘアケア・ブラシ  1週間分くらいはお持ちください。
タオル

 1枚スポーツタオルがあると、バスタオル代わりや、ビーチやスポーツでも便利です。

コンタクトレンズ・メガネ コンタクトレンズは日本で購入して持っていく方が安心、メガネは予備もあれば持参しましょう。
救急セット・ソーイングセット  絆創膏など応急処置ができるものを持参しましょう。
医薬品

 頭痛、腹痛、風邪薬など、普段飲み慣れているものを持参しましょう。市販薬は大量でなければ問題ありませんが、最低限のものを除き、スーツケースに入れてください。

日焼け止め 日差しが強いのであると便利です。 
水筒 海外では値段が高いという声が多いので、必要な方は持参するのがよいでしょう。
カミソリ・シェーバー(男性)  機内には持ち込めません。スーツケースに入れましょう。
化粧品(女性)  液体は機内に持ち込む時、必ずジッパーに入れる必要があります。
生理用品(女性)  日本の方が質がよいので短期の方や、どうしても気になる方は持参しましょう。ただ荷物になるので長期の場合は海外での購入も検討されるのがよろしいかもしれません。

注意

・化粧品や歯磨き粉などの液体を機内に持ち込む場合、透明なジップ袋が必要です。サイズや容量は航空会社によって異なりますので確認しましょう。機内で必要のないものはできるだけスーツケースに入れましょう。

・医師から処方されている薬を大量に持ち込む場合や、注射器などは英文処方箋や証明書等が必要です。また医療用麻薬や睡眠導入剤は持ち込みを禁止されている国もあります。ご不安な方は各国の大使館のサイトをご確認ください。

留学のファッション

洋服についてです。留学する季節に合わせて持っていきましょう。1年など長期の場合は、全てを持っていくのは難しいため、後ほど家族に船便で送ってもらうとよいでしょう。

トップス  生活しやすいものにしましょう、洗濯も日本よりダメージが大きいです。あまり露出が高いものは控えましょう。
ボトムス ジーンズなど動きやすいものが便利です。女性は、ミニスカートやホットパンツなどの露出が高いものは控えましょう。 
インナー  洗濯が週に1回の家庭もあります、1週間分は持参しましょう。
ソックス・ストッキング  洗濯が週に1回の家庭もあります、1週間分は持参しましょう。
ワンピース・ドレス・ジャケット  高級レストラン、パーティに行く予定がある方は、必要となることがあります。女性はワンピース1枚、男性はジャケットが1枚あるといいでしょう。
スーツ  インターンやオフィスワークをする予定の方は、必要になることがあります。
時計・アクセサリー 盗難や破損の被害をおさえるため、高級なものは控えましょう。
コート・アウター  冬の場合は持参しましょう。
手袋・マフラー  冬の場合は持参しましょう。
帽子・サングラス  夏は日差し対策になります。冬はニット帽があると寒さを防げます。
水着  プールや海に行く予定がある場合は持参しましょう。
靴・サンダル  歩き慣れたものを持参しましょう。カナダの冬にはブーツも必要です。
浴衣  日本人はパーティなどで着る方も多いようです。簡単に着られるものがあるといいですね。

注意

・高額なものや、目立つブランド品を持っていくのはできるだけ辞めるようにしてください。現地で盗難や、スリなどに狙われる可能性が高くなります。実際にバイクや凶器を使ったひったくりで怪我をする事件も起こっており、大変危険です。十分ご注意ください。

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡