学校にアルバイトにボランティア!充実したワーホリ生活

volunteer-ck1 学校にアルバイトにボランティア!充実したワーホリ生活

お名前:Chieさん(26)
国と都市:カナダ バンクーバー
渡航ビザ:ワーキングホリデー
通学期間:合計6ヶ月
滞在期間:1年

ワーキングホリデーで渡航後、二つの語学学校に通い、中1レベルの英語から一人旅ができる度胸と英語力をつけ、アルバイトにボランティア、ヨガに朝活!と大充実したChieさんのワーホリ体験談です。

留学したいと思ったきっかけや、決めるまでに悩んだことをお聞かせください。

volunteer-ck3英語は元々苦手で、克服したいと思い、まず英会話教室に通いました。そこでの出会いに刺激を受けて、一度海外に住んでみたいと思うようになり、カナダへの留学を決意しました。 私の場合は海外へいくことよりもいつどのタイミングで仕事を辞めるかということと、留学費用が予算ギリギリだったので悩みました。結局、ワーホリビザを取得して、渡航日程まで決めてから職場へ退職希望を伝えました。

またその翌月から給料が上がり、退職金も入ってきたので、費用面の心配も全くなくなりました。本気でやりたいと思ったら、考え込むことに時間を費やすより行動してみることが大切だなと感じました。

通った語学学校で学んだことや学校の様子を教えてください。

volunteer-ck41校目:大規模校。先生も生徒も国際色豊か。休憩時間やランチタイムでも先生によっては話し相手になってくれることも。時期によってはクラスに日本人1人ということもありました。ここでは主に文法の基礎を学びました。

2校目:小規模校。アットホームな雰囲気で先生達も友達として接してくれる。仲間意識が強い学校。日本人同士でも英語を使おうとする意識が高い。アクティビティが充実していて、先生達と飲みに行ったり、食事にいったり、遊びに行ったりして、楽しみながら日常生活で使う英語を学びました。

留学で英語はどれくらい伸びましたか?

volunteer-ck2留学前は中学1年生レベルで、意思疎通もままならない位でした。 帰国直前は一人でカフェや食事へ行ったり、ロッキーへ一人旅へ出かけたりできる程のレベルまで上達しました。

留学して自分はどう変わりましたか。

volunteer-ck5色んな国籍の人達と出会って、それぞれの国の文化について学んで、視野が大きく広がり、心も広くなったように思います。また、毎日笑顔で楽しそうにしているカナダの人達と一緒にいて自分自身明るくなり、ポジティブ思考になりました。

英語に関しても、今までは必要以上に喋ることに抵抗がありましたが、留学してからは間違っていても相手に通じさえすればいいから会話を楽しもうと思えるようになりました。  

帰国後の就職や転職活動のことを教えてください。

看護師転職サイトを通して、希望通りの産婦人科の看護師に戻ることができました。

現地での思い出を聞かせてください。

volunteer-ck8学校でクラスチェンジがあるたびに新しい友達ができて、一緒にランチしたり、遊びに出かけたり、BBQやホームパーティーに行ったりしました。また、English BayやCoal Harbourで散歩したり、読書したり、デートしたりしたこともいい思い出です。 他にもSNSを通して見つけたセミナーやボランティア、アルバイト、ヨガ、朝活などにも積極的に参加して、新しい自分をみつけたことも忘れられません。

もし留学してなかったら今何をしていたと思いますか。

現職と変わらず、産婦人科の看護師。でも、毎日の生活や仕事に対する考え方など人生の過ごし方は今とは全く違っていたと思います。

これから留学する人に、担当カウンセラーをおすすめするとしたら何と言いますか?

volunteer-ck7私は留学エージェントひとつで私たちの留学経験は大きく変わってくると思っています。Blossaのえりさんとは、彼女が以前の職場にいたときに私のカウンセリングから現地サポートまで一貫して担当をしていただきました。

現地で先が見えなくなり不安になった時にえりさんに相談しに行くと、いつも優しく、自分の体験等を交えながら親身になって話をしてくださるので、本当に頼りになる存在でした。またどんなに忙しくても丁寧にかつ迅速に対応していただけるので、限られた時間しかない私にとっては、とても心強かったです。

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡