インターンシップ

インターンシップ

留学でのインターンシップでは、海外の企業で実際に仕事を体験することができます。語学学校やカレッジにて、授業とインターンシップがセットとなったプログラムとなっておりますので、実際に学んだ英語を使って海外で働くことができます。海外の企業で実際に仕事をすることでさらに実践的な英語力を身につけるとともに、就職活動や将来の仕事にも繋げることができます。

通常企業でのインターンシップは無給、一部の接客などのサービス業では有給となっております。

また、どの学校でも基本的にインターンシップには中級レベル以上の英語力を求められる場合がほとんどです。まずはしっかり基礎やビジネス英語を勉強してからインターンシップへ挑戦します。

受講レベル

中〜上級(TOEIC650~700点)

希望の業界や職種には、実務経験や大学での専攻が必要となることがあります。

こんな方におすすめ

  • 海外の企業で実際に働いてみたい
  • 就職活動のアピールにつなげたい
  • 英語を使って仕事がしたい

インターンプログラム体験談

実際にインターンプログラムに参加された日本人留学生の体験談です。

Langports インターンシッププログラム

中級レベル以上から参加することが出来ます。業種の選択肢も広く、マーケティング・物流・ITの他にもファイナンスや教育分野などもあります。ただし企業が中心のため、職務経験がない方は残念ながら面接までいくことができない場合が多いです。

ILSC ボランティアエクスペリエンスプログラム

NPO団体で仕事を経験するプログラムです。ボランティア先のNPO団体は Social/Humanitarian、 Non-Profit、 Arts & Tourism、 Environment、Community Involvementなど。職種は団体によって異なりますが、 オフィスワーク、 カスタマーサービスや、イベントの手伝いなどがあり、学生の方にもおすすめです。

※一部の国ではインターンという名前が使えないため、職業体験やボランティア経験という名前にてインターンと同様のプログラムを提供します。

よくある質問

実際の仕事はどんなことをするのでしょうか。

どこの語学学校のインターンシップでも「バリバリ働く」「直接仕事の仕方、スキルを学ぶ」 ために行われているプログラムではなく、「職場の雰囲気を感じる、ビジネスで使われている英語を知る」という「人生経験」のためのものとなっています。

もう少し具体的にいうと、資料整理、コピー、データ入力、在庫整理等の仕事をしながら、 彼らがどのように働いているのかを見る、体感するといった場合が多いです。

ただし高い英語力や、即戦力になるスキルがある方は、仕事を任される方もいらっしゃいます。例えば、世界共通のスキルである、システムエンジニアの方などはキャリアを生かしてインターンでも活躍されることもあります。

どんな職種があるのでしょうか。

インターンシップの職種については、その方の英語力、スキル、および過去の経験等を総合した上で、どういった職種や業界をご希望か、 を元に学校のインターンシップコーディネーターがアレンジします。

そのため、必要なスキルと英語力さえ伴っていれば、どんな職種でも可能性はございます。ただし英語力の壁もあり、そのハードルはかなり高いです。

学生でも可能ですか。

可能ですが、職務経験やスキルがない場合、体験できる仕事は非常に限らたものとなってしまい、ワーホリで行うレストランのアルバイトなどと変わらないこともあります。学生の方にもおすすめのプログラムをご紹介しますので、カウンセラーへご相談ください。

インターンシップで英語は上達しますか。

上記でご案内した通り、英語力のアップが必ず目指せる環境になるとは限りません。毎日コピーばかりで会話がなかったというケースもあります。

インターンは海外の会社の雰囲気を味わいたい方にはおすすめですが、やはり職場は学校とは違います。もし仕事で役立つ英語を学びたいということであれば、ビジネス英語プログラムがおすすめです。プレゼンや交渉など幅広いビジネスのスキルが身につけられます。

 

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡