英語指導教授法(TESOL)

英語指導教授法(TESOL/TESL/TEFL)

TESOL/TESL(Teaching English to Speakers of Other Languages)は、英語が母国語ではない人に英語を教える英語教授法で、世界的にも広く認知されています。またTESL、TEFLなど教える国によって少々名称が異なっておりますが、ほぼ同じ英語教授法の資格です。通常のコースは、12歳以上の中高生、大人を対象としています。

コースの内容

TESOLのプログラムで学ぶことができる内容は主に以下のようになります。学校やコースによって多少異なります。

・第二言語習得理論
・語彙、文法、発音などの教授法
・話し方、聞き取り方、書き方の教授法
・プレゼンテーション
・評価法
・教材の探し方や選び方

非ネイティブに対して、言語学的な知見や、コミュニケーション論、英語を学ぶ上でのポイント、どう英語力を評価するか、どのような教材を用いるべきか、などを学びます。

以下は、語学学校IH SydneyのTESOLコースの授業風景動画です。

受講資格

語学学校では、TOEIC 650、TOEFLiBT61、IELTS 5.5程度から受講できます。専門学校以上になると、TOEIC850、TOEFLiBT100点、IELTS7.0、程度が求められます。

TESOL資格

TESOLは資格と思っている方も多いのですが、厳密には異なります。少々ややこしいですが、以下に説明いたします。

まずTESOLを修了している、取得していると一言でいっても、大学院や大学の課程で数年以上学ぶものから、語学学校にて4〜8週間程度で学ぶプログラムまで様々で、その難易度も大きく異なります。

もちろん、大学院や大学を卒業すれば学位(博士・修士・学士)が取得できます。ただし多くの留学生が受講する語学学校や専門学校のTESOLプログラムでは、その学校の修了証(Certificate/Diploma)が発行されるのみです。ただ、語学学校や専門学校のTESOLでも、一部の学校やコースでは、国や州などから認定されたTESOLの修了証が取得できる場合もあります。

TESOLと就職

日本の学校や英会話スクールで講師をしている方、将来目指している方は、学んだスキルを実際の業務に生かすことができるでしょう。

またご自身のスキルアップを目的を目指して受講されるのもおすすめです。英語を英語で教えるというのはなかなか日本ではできない勉強です。スキルアップはもちろん、多くの国の留学生と学ぶことでも貴重な経験となるでしょう。

ただし語学学校のTESOLプログラムを取得することで、日本の一般企業への就職が有利になるということは難しいでしょう。もし就職が目的というだけでTESOLを受講したいのであれば、その4週間を、ビジネス英語やIELTS、ケンブリッジ英検プログラムなどを受講し、英語力やTOEICスコアをアップさせた方がよろしいかもしれません。

TESOLが学べる学校

カナダでTESOLが学べる学校一覧 >

※その他の国はお問い合わせください。

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡