ボキャブラリー(単語)勉強法

ボキャブラリー勉強法

自分のレベルにあった英単語の参考書を利用すると効率よく覚えられますが、文法やリスニングの勉強をしている中で、分からない単語を調べるだけでもボキャブラリーは増えていきます。参考書を広げなくても、普段生活していて目に入るものすべて「これは英語でなんていうんだろう?」と疑問に思う癖をつけてみてください。

日常で単語を覚える

ご自身の家にあるもの、通勤・通学路で目にするもの、すべてです。疑問に思ったら即スマホでチェックです。google翻訳でも翻訳アプリでも、無料で利用できるものがたくさんあります。

たとえばお料理が好きならキッチンからスタートしてもいいですね。「鍋、鍋のふた、おたま、菜箸、お皿、水道の蛇口」など、英語で言えますか。食材の名前(たとえば野菜の名前、ほうれんそう、なすび、もやし…)も役立ちます。日本で日常的に身の回りにあるものは、海外にもあります。

Blossaスタッフは、留学中に冷蔵庫の中にあるものすべて英単語を調べたことがあります(笑)。Potatoは知っていても、意外と「ワカメ」や「ほうれん草」は知りませんでした!こういった単語は参考書に出てくる小難しい単語より、実生活に直結していてすぐに役にたちます。

机に向かう勉強以外でも、上記は移動時間や隙間時間でもできます。ぜひ身の回りのもの、英語で言えるようになってみてくださいね。

おすすめ参考書

DUO 3.0

大学受験用のベストセラーの参考書です。短文の中で単語や文法を覚えるため、記憶に定着しやすく、実際のシーンでも適切に単語を使うことができます。

単語だけ丸暗記すると実際に使い方が分からない、使うシーンを間違ってしまう、ということも多々あります。CDとセットで使うと発音も一緒に覚えられるのでおすすめです。

速読英単語・1必修編

こちらも単語だけを暗記していくのではなく、1ページ程度のストーリーを読み、文章の中で単語を覚えていくことができます。ストーリーも興味深く面白いので読書のように楽しめます。

単語が実際どう使われるか覚えることができるのはもちろん、読書によって英語の読解力や理解力も鍛えられます。これは高校英語レベルです、他に速読英単語 入門編(中学レベル)と速読英単語・2上級編(難関大学レベル)、また速読英熟語もあります。

 

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡