留学サバイバル英会話

留学サバイバル英会話

留学前にこれだけは覚えておきたい!というフレーズを、分かりやすく勉強することができるYoutubeの動画をご紹介します。英語を勉強する時間がない、英語に自信がなくて心配・・・、という方は出発前に観て練習しておきましょう!

 

1.  入国審査

1番みなさんが心配されるのは、入国審査の英語です。入国審査では聞かれたことだけ正直に、簡潔に答えましょう。分からない質問には、絶対に適当に答えてはいけません。分かるまで聞き返しましょう。

聞き返すには「Sorry?(語尾を上げる)」、ゆっくり話して欲しいときは「Please speak slowly.」で大丈夫です。無理をせず、できるだけ簡単な英文で覚えておいた方が安心です。

またカナダなどでビザの発給がある方は、必ず最初にパスポートと一緒にビザの許可証を出しましょう。

※動画のレッスン部分をご覧になりたい方は、2:10くらいからご覧ください。

※注意

・留学やワーホリの人は、勉強と観光です、と正直に回答してください。ただし、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの国では、仕事をしたい、ビザの延長や切替えをしたいなど、永住や就職が目的と思われる回答は、本心であっても避けましょう。

・余計なことを話し過ぎ、ビザが下りなかったケースが何度かありました。ここで英語力のアピールは不要です、フレンドリーに話しかけられても、聞かれていないことや雑談は控えましょう。

・入学許可書やホームステイの住所を印刷しておくと、聞かれた時に見せるだけなので回答が簡単です。

2.  緊急連絡

お出迎えなしでホームステイに行く場合、到着が遅れる際には、ホストファミリーに必ず連絡しましょう。相手は英語を話せない留学生に慣れています、慌てずにゆっくり話しましょう。

他の表現
・飛行機が遅れています「My flight has been delayed.」 
・(乗り継ぎの)飛行機に乗り遅れてしまいました「 I missed my(connecting)flight. 」

3.  飛行機の乗り継ぎ

乗り換えのある方は、乗り遅れのないように覚えておきましょう。日本の空港は日本語のため、乗り換えのない人は基本的には必要ありません。ただ、まれに直行便でも目的地の空港の天候が悪いと、一度別の空港へ降りて、その後目的地の空港へ行かなければならないこともあります。

※注意

・乗り換えの場合、スーツケースは最終目的地まで運んでくれることが多いですが、乗り換えで一度受け取りが必要なこともあります。日本でチェックインする時に、スーツケースの受け取りはどこになるか確認しましょう。

・加入している保険のプランによっては、遅延の際に保険がおりることがありますのでご自身の保険プランをよく確認しておき、保険がおりる方は保険会社の指示に従って必要な証明証等をもらっておきましょう。

・乗り換え便の遅延や変更がある場合、空港のお出迎えを予約している方は、必ず指定の緊急連絡先に連絡をいれましょう。ご自身でホームステイに直接行く場合には、ホームステイに直接連絡してください。

4. ホームステイ挨拶

ホームステイに到着したら一言、挨拶をしましょう!

お土産を渡す方も多いと思いますので、一緒に覚えておくと便利です。

5. 留学日常英会話

ホストファミリーや日常の会話が心配という方は、簡単なフレーズを覚えておくと便利です。以下の動画は留学生が実際に必要だった便利な会話をまとめてあるので参考になると思います。

国によっては少々使い方が異なる部分はありますが、知っておくと便利なフレーズがたくさん紹介されています。

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡