英語が全くできない!ワーホリでは語学力がなくても仕事が見つかるのか?

投稿日: カテゴリー: ワーキングホリデー

ワーキングホリデーする!と決めたものの、「英語ができなくても本当に仕事が見つかるのか?」「ワーホリでどんな仕事ができるのか?」と不安になることはありませんか。ワーホリは現地で働きながら生活ができるので、準備資金を抑える目的でワーホリという手段を選ぶ人は少なくありません。ワーホリで渡航する人の多くが現地で働くことを想定して、アルバイトでの収入を含めて予算を立てています。その場合、現地で仕事が見つからなければ止むを得ず帰国ということになるため、仕事が見つかるかどうかは非常に重要なことです。

今回は、ワーホリで語学力がなくても現地で仕事が見つかるかということについて、仕事探しのポイントなどを踏まえ、お話しします。

英語ができなくてもワーホリで仕事が見つかるか

実は、語学力があまりなくても現地で仕事を見つけ働いているという人は少なくありません。つまり、語学力がなくても選ばなければ仕事は見つかるということです。しかし、求人があるかどうかは時期や経済状況、渡航都市によって左右されます。

例えば、観光人気都市であれば観光シーズン前が求人が増えたり、私がオーストラリアでワーホリをしていたときはちょうど『リーマンショック』の年で、リーマンショック後は求人が減ったと聞きました。こういった状況によって求人の数も質も左右されますので、仕事探しにはタイミングがとても大切です。

語学力がなくてもできる仕事

職種としては、ファーム(農場などでの仕事)や、日本食レストランでの調理、皿洗いなどが多くなります。やはり、英語ができなくても給料をもらえる=英語を使わなくてもよい仕事ということになり、職種などはかなり限られてしまいます。

日本食レストランでの皿洗いや調理

日本食レストランでスタッフが日本人ばかりの場合、スタッフ同士の会話は日本語、お客様と話すことのない皿洗いや調理などの食であれば英語なしでも務まります。

とくに、ワーホリメーカーの多い都市の日本食レストランなどでは、日本人のワーホリを常に雇っているところもあります。スタッフがみんな1-2年で帰国するのため、求人も常にあるような状態です。また、日本食レストランの多くはオーナーやマネージャーなども日本人のことが多く、面接も日本語でしていることもあるほどです。

観光地や都市部であれば、英語を必要とすることもなく、日本のレストランとあまり変わらない環境で働くことができます。

ホテルのクリーニング

ブラジルや韓国から来た私の友人も何人かこの仕事をしていました。有名ホテルのクリーニングなどであれば、日本食レストランなどよりも時給も良く、観光シーズン前などに多く募集がかかるのでタイミングがあえば見つけやすい仕事といえます。

とはいえ、最初の指示以降はほとんど人と話すことのない仕事なので、英会話以前に英語を聞くこともほぼない可能性が高いです。英語を少しでも使いたい方には物足りない職場かもしれません。

ファーム

特にオーストラリアのワーホリであれば、ファームのことを聞いたことがない人はまずいないでしょう。ワーホリ期間の延長のためにファームで働く人も多く、そのために語学学校卒業後すぐにファームに行く人もいます。そのため、英語ができない状態でファームでのお仕事を経験したという人は少なくありません。

雇用する側も英語ができない人と働いた経験のある人が多く、ある程度は理解してくれます。他に英語のできる日本人ワーホリがいて助けてもらえたという話もよく聞きます。とはいえ、日本語で生活ができるから英語が不要というわけではありません。英語の指示を理解し、分からないことがあれば質問するといったコミュニケーションは必要になります。

語学力がなくても仕事の見つけやすい国と都市

日本人がワーホリで毎年多く渡航する都市の場合、ワーホリの人ばかり雇っているレストランやカフェがあったりなど、ワーホリメーカーにとっては仕事が見つけやすい環境がすでにあります。また、もともと仕事自体が多く、移民の多い大都市は、地方都市に比べ仕事を見つけやすいと言われています。語学力に自信がない人は、カナダのトロントやバンクーバー、オーストラリアのシドニーやメルボルンなどの都市がおすすめです。

同じ英語圏でも、アイルランドなどはまだ日本人のワーホリが少ないため、英語が話せない日本人が仕事を見つけるのはオーストラリアやカナダの人気都市に比べると簡単ではありません。また、私はヨーロッパ圏でのワーホリ経験もあるのですが、英語以外の公用語の国はそれ以上に難しいと感じました。語学の壁が英語よりも高く、日本人ワーホリ(に限らず日本からの移民)も少ないため、語学力がなければ日本食レストランでも仕事をするのは難しいと言われています。

まとめ

英語ができなくても、ワーホリで現地でのお仕事を経験することは可能です。とはいえ、英語力が理由で解雇されたり、契約を延長してもらえなかったりということは十分にありえます。英語ができれば、仕事の選択肢も広がり、職場での立場も違ったものになってきます。賃金や労働環境に関してトラブルや不満があったときにも自分で対処できます。

日本で英語の勉強をしていたという場合も、渡航直後は現地に慣れる、情報収集という意味でも数ヶ月は語学学校に通うのがおすすめです。最低限の英語を身につけておくだけでも違ってきます。

 

投稿者プロフィール

河野 ゆみ
河野 ゆみ
オーストラリア、ドイツ、カナダに留学・ワーホリ経験がある元留学カウンセラー。旅行では15カ国を訪れ、海外での様々な経験がどれだけ自分の幅を広げるかを実感。結婚を期にドイツに移住、英語、ドイツ語を習得。現在はウェディングプランナーとして独立し、ドイツと日本を拠点に活躍中。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA