カナダのワーホリで収入を上げる方法

投稿日: カテゴリー: ワーキングホリデー

カナダのワーホリで収入を上げる方法カナダのワーホリで収入を上げるにはどうしたらいいかについてご紹介したいと思います。

*高いお給料をもらうためには?

同じようなジャパレス、同じ時給、そして同じ時間数働いても、A店とB店では、お給料が1.2倍〜2倍近く差がでることがあります。

その秘密は「チップ」の文化にアリ。

これ、びっくりするくらい、どこのエージェントでも誰も教えてくれないんだけど(笑)、私はワーホリで渡航予定のアルバイト希望者にはよく話していること。

カナダではチップの文化があります。都市によって少し違うんだけど、レストランのチップ目安は「TAX(税金)が加算される前の合計金額の15%〜20%」または「TAX加算後の合計金額の15%」。そしてこのチップは、レストランのサーバーやキッチンスタッフの時給に上乗せで、お給料とは別に支払われます。

ワーホリで収入を上げる方法このチップの分配はお店によりけり。

その日の分のチップをすべてお店がが集めて、全スタッフ平等に配当するお店。

「チップはそのテーブルを担当したサーバーが全部もらえる」というお店。

などなど。

さて、じゃあそのチップ、より多くもらえるお店は?というと、相対的に客単価が高いお店、となります。

どういうことかというと「お客さんひとりあたり、平均いくらくらい支払うか」ということ。

日本でも、たとえば同じ居酒屋でも、チェーン系の安い居酒屋なら「ひとり2000円くらい」とか、少し高級な居酒屋やレストランだと「ひとり5000円くらい使う」、もしくは高級レストランだと「ひとり1万〜2万円」なんてこともありますよね。

ワーホリの収入を上げる方法カナダも同じ。同じ「ジャパレス」でも、定食屋さんみたいなお店や、お料理とお酒一杯で軽く食事、ひとり$20程度のお店なら、お客さんひとりあたりが置いていくチップは$2〜$4程度。

それに対して「高級ジャパレス」となると、平均単価がひとり$50〜$100になります。たいてい単価が高いお店の方がチップもはずんでもらえる傾向にあるので、そうすると、ひとりのお客さんがおいていくチップも$20〜$40。

わかりやすく計算します。

時給$10 x 1日6時間 x 週5日 = 1週間のお給料は$300

4週間(1ヶ月)で$1,200

これに、チップ収入をプラスします。

A店:チップ収入が週$100なら4週間でプラス$400

B店:チップ収入が週$250なら4週間でプラス$1,000

同じ時給でも、A店は月収$1,600、B店は$2,200。

ちょっと難しかった?(笑)ま、とにかく、簡単にいうと「どうせ同じレストランで働くなら、客単価が高いお店の方がチップ収入が多くなる可能性が高いよ」ということ。もちろんこれはあくまで傾向。お店によるから、実際には面接の時にしっかり確認してください。

カナダのワーホリで収入を上げる日本だと「居酒屋のアルバイト」って大学生が気軽にするイメージが強い人が多いかもしれません。でもカナダやオーストラリアでは「ウェイトレス」って立派な職業。

地元の人気店のサーバーさんはとにかくチップ収入が多く、年収1,000万円を超えることもあるんです。しかも、実はそんなに珍しい話ではない。私は初めてそれを聞いたときかなりびっくりしました。

カナダのワーホリで収入を上げたいという方は、ぜひあたまの片隅にいれておいてくださいね^^

投稿者プロフィール

寺地 えり
寺地 えりディレクター
10年以上留学業界で働くベテランカウンセラー。留学生からカリスマ的な人気を誇り、留学後も多くの留学生から人生の先輩として頼りにされる。留学、ワーホリ経験はもちろん、カナダ国内だけで15都市以上滞在、TOIEC900点以上保持。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡