経験者が教える!カナダワーホリ、時給の高い仕事・アルバイト探しの方法

投稿日: カテゴリー: カナダ留学, ワーキングホリデー

カナダワーホリ、時給の高い仕事・アルバイト探しの方法カナダワーホリの仕事探しの方法は?

カナダのワーホリの仕事探しについてです。ワーキングホリデーでの渡航を決め準備を始めてみたけれど、渡航が近づくと『仕事探し』が不安とよく相談を受けます。私自身、語学学校の卒業が近づくにつれ仕事が見つかるのか不安はつのりました。

語学学校やホームステイはエージェントで手配してもらえますが、仕事に就けるかどうかは自分次第です。とくにワーホリの場合は、現地での収入も加味して予算を立てる方も多く、仕事が見つからなければ生活ができなくなってしまいます。

ただ実際のところ、正直に言ってしまうとトロントやバンクーバーで仕事が見つからないということはありません。が、簡単に見つかる仕事は、日本食レストラン(通称:ジャパレス)や居酒屋が多く、時給が安かったり、日本語環境になってしまったりすることもあります。

せっかく現地で働くからには、少しでも英語を使う、現地の人と一緒に働く、時給が高い、など希望の仕事見つけられるよう、事前にしっかり準備をし、職探しにチャレンジしましょう!

今回は、実際に私がどのように仕事を探し、現地で働いていたかなども踏まえ、ワーホリの仕事探しについてご紹介していきます。

まずは、『どこで仕事を探すのか』についてです。

  1. オンラインの求人情報サイト
  2. 新聞やフリーペーパーの求人広告
  3. お店を直接訪問
  4. 紹介、口コミ
  5. 専門分野

 

1. オンラインの求人情報サイト

日本同様、カナダでもインターネットでの仕事探しが主流になってきています。カナダには多くの邦人が住んでいることもあり、日本語での求人も多く目にします。

ただ日本語サイトの場合は、日系の飲食店や旅行会社などの仕事がほとんどです。英語環境の仕事を探したいのであれば、まずは地元の情報サイトでチャレンジしてみることをおすすめします。

カナダ地元情報サイト

CraiglistとKIJIJIがカナダ全土でも有名なクラシファイドサイトです。現地で英語に慣れてきたら探してみましょう。

Craiglist
KIJIJI
Job Bank
WORKOPOLIS

日本語情報サイト

多くの日本人向けの求人サイトがありますが、渡航前に見てしまうと、現地の日本食レストランや居酒屋の求人がならび、日本語環境の仕事ばかり・・・と、ワーホリや英語への目標や希望がくずれ、それに頼ってしまいがちです。

よって留学前のみなさんも多数読んでいるこちらへの掲載は控えさせていただきます。ご希望される方は、現地に到着しましたらリストをメールでお送りしますのでお知らせください。

2. 新聞やフリーペーパーの求人広告

インターネット以外にも、街中で配られているフリーペーパーや新聞にも求人が掲載されます。英字新聞を読むのはとても労力が必要ですし、購入する人も限られているため、珍しい求人情報に出会えるかもしれません。

カナダ地元紙

カナダの地元紙は、英語の求人が中心です。

metro
Georgia Straight
NOW magazine

日本語フリーペーパー

日本語のフリーペーパーはやはり日系の仕事が中心です。英語にまだ自信がない、すぐに仕事を見つけたいという場合には、有料掲載が多いため信頼性も高くおすすめです。

現地の日系レストランや日本食スーパーなどで簡単に手に入りますが、見つからない場合にはBlossaや現地スタッフまでお知らせ下さい。

3. お店を直接訪問

どのような場所で働きたいかがはっきりと決まっている方は、実際に働いてみたいお店やレストランを探し、直接アピールする方法も有効です。特にカフェやレストランの場合、この方法で仕事を見つけたという話をよく耳にします。

また、インターネットでは募集をしていなくても、欠員が出たり、退職が決まっている人がいる場合もあります。店頭に『求人募集』の張り紙をしていることもあるので、店頭の貼り紙も注意してチェックすると良いでしょう。

直接訪問する場合は、まず履歴書を持って店舗に行き、マネージャーなど担当者と実際に話すようにしましょう。電話だと英語が心配という方でも訪問なら安心です。

レストランやカフェの場合は、お店が忙しい時間はある程度決まっています。混雑時間や開店準備で忙しい時間帯などは避けて訪問するよう注意してください。時間帯がわからない場合には、一度電話でアポイントを取ると確実です。

4. 紹介、口コミ

4つ目は紹介や口コミです。カナダでは人からの紹介で仕事を見つけるのは珍しいことではありません。

むしろ、とても有効な方法と言えます。

とくにワーホリの場合、帰国前に仕事を辞めることになるので、引き継げる人を探していることはよくあります。実際に以前サポートしていたワーホリの方や、私の友人、ブロッサのスタッフでも何名か、友達や知り合いの紹介で仕事を見つけています。

私自身も、友人に『今から面接に行くけど一緒に行かないか』と誘われ(大企業の年に数回の集団面接)たまたま行って面接にとおり、現地の企業で働くことになりました。

普段からホストファミリーや語学学校の先生、友人、知り合いなどに仕事を探していることを伝えておきましょう。意外なところで仕事を紹介してもらえたり、求人情報を教えてもらえたりします。

5. 自分のキャリアや専門分野を生かす仕事

美容師やネイリスト、調理師などの専門のスキルを持っている場合は、専門職に絞っての仕事探しも非常に有効です。多少英語力に自信がなくても、日本での実務経験があれば大きなプラスになります。

とはいえ、現地の企業で日本での仕事の経験を生かした専門職につきたい場合や、現地企業のオフィスワークを目指している場合は、高い英語力が必要になります。

時給の高い仕事を探すために

やはり1番のオススメは、日系ではなくカナダの現地企業が経営するお店で働くことです。飲食店やショップなどであっても、現地の人が働きたいと思うような環境は、条件が整っています。

英語力は必要になりますが、時給も高く、まとまった時間しっかりと働けることが多いです。

正直なところ、予算に余裕がなくなってきたり、英語に自信が持てなかったりすると、日系の企業に頼ってしまいます。実際、多くのワーホリメーカーが、日本食レストランやお土産物店、ツアー会社など、日系の企業での仕事をしているという現実があります。

こういったワーホリ向けのアルバイトは、上述のような理由で低賃金でも応募がくるというのが現状です。

もちろん全ての日系企業が、低賃金で条件が悪いというわけではありませんが・・・。

1. 時給の高い仕事は何?

カナダは時給以外にチップも大きな収入です。現地で人気の高級料理店で、時給C$15、プラスでチップもしっかりもらっているという人もいます。中にはチップだけでも家賃が払えるというツワモノも!!

一般的にレストランは時給が安く設定されていますが、チップがもらえる分、収入は増えます。そのため、カフェやファストフード店でのアルバイトに比べ、レストランでのアルバイトのほうが稼げることは多いです。もちろん、単価の高いレストランの方がチップも高額です。

そうなるとワーホリで見つけやすい時給の高い仕事の一つとして、高級レストランがあげられます。ただし、スタッフでのチップの分け方はお店によってルールがありますので、面接できちんと確認しましょう。

2. 時給の高い仕事を見つけるには?

前述した通り、『紹介』は仕事探しにとても有効な方法です。実際にカナダ人からの紹介のお仕事の場合は、時給などの条件も良いようです。そうなると、時給のよい仕事を見つけるには英語力は必須です。ワーホリの準備は早めに始め、出発前にも英語の勉強に時間を使えるよう準備を済ませましょう。

また、英語力アップのためにも、仕事探しのためにも、普段から地元の人との交流を持つよう心がけてみてください。友人の中には、地元のハイキングクラブに参加し、そこで知り合った人から地元の企業でSE(システムエンジニア)の仕事を紹介されたという人もいます。

3. 住む場所も重要!

カナダにもたくさんの商業施設やショップ、レストラン、カフェなどがあります。特に都市部では観光客相手のビジネスなども盛んなため、働き口が見つけやすく、求人サイトに掲載される情報も多いです。

そのため都市部の方が、田舎より仕事が見つかりやすく種類も豊富です。時給の高い仕事をしたいという人はもちろん、英語に自信がない、確実に仕事を見つけたい、ということなら、トロントかバンクーバーがおすすめです!続いてカルガリーも比較的見つけやすいです。

田舎になると会社もお店も少なく、仕事を探すことは難しくなってしまいます。またフランス語圏のケベックシティやモントリオールもフランス語ができないと難しいです。もしどうしても田舎に留学したいという人は、学校を卒業したら都市部に移動して仕事探しをしてみてもいいかもしれませんね。

 

またカナダのワーホリで仕事の探し方がわからない場合にはもちろんBlossaでご案内します。ただみなさん渡航すると、友達がたくさんでき、友達から色々と情報を手に入れて、仕事探しをしています。実際にはエージェントに聞きに来る方はほとんどおりませんので、ご安心ください。

投稿者プロフィール

河野 ゆみ
河野 ゆみ
オーストラリア、ドイツ、カナダに留学・ワーホリ経験がある元留学カウンセラー。旅行では15カ国を訪れ、海外での様々な経験がどれだけ自分の幅を広げるかを実感。結婚を期にドイツに移住、英語、ドイツ語を習得。現在はウェディングプランナーとして独立し、ドイツと日本を拠点に活躍中。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡