シドニー空港から市内へ!電車の乗り方

投稿日: カテゴリー: オーストラリア, オーストラリア留学, 現地視察レポート

昨年末、現地視察で行ったオーストラリアを、ちょっとずつご紹介していきますね!これからオーストラリア留学する方はぜひ楽しみにしていてください。

 

シドニーの空港へ到着〜✈ 直行便で約9時間半の長旅です。

今回利用したのはオーストラリアの航空会社QANTASでしたが、実はQANTAS、2016年に発表された調査で世界で最も安全な航空会社No1!!に選ばれています。死者0だそうです!

さてシドニーに到着すると、空港からは鉄道があります。エアポートリンク(Airport Link)という路線になりますので、サインを探しましょう。電車はこれ一つだけなので、聞くなら、trainどこから乗れる?で大丈夫です。

通常の時間帯だと10分おきくらいに走っていて、ダウンタウンまで20分ほどです。エレベーター(オーストラリアではLiftと言います)もあるので、女性でもスーツケースを持って自力でダウンタウンまで行けると思います。電車が走っている時間なら、まずこれでダウンタウンまで行くのが便利です。

 

また路線の乗り換えをすると、ダウンタウンのだいたいの場所には行けます。ホームステイの場合はバスなどへ乗り換えが必要になるかもしれません。

路線は少なく、東京に比べるとシンプルで分かりやすいです。以下より詳しい路線マップをダウンロードできます。

シドニー路線マップ

また電車を乗る前に、Opal card(オパールカード)を買いましょう。駅の窓口や売店などで買えます。空港にも改札前に窓口があります。

これはチャージ式のカードで日本のSuicaのようなものです。料金が少し安くなりますし、一回ごとに切符を買う必要が無いのでとても便利です。生活していく上でおそらく必要になるので買っておきましょう。

Opal公式サイト

カードは無料なのですが、通常の購入時には無料ではもらえず、$10〜カードに入れる金額を言って、その分を入れてもらうことになります。空港からホームステイまで行くのであれば、場所にもよりますが最低$20〜30はチャージしておきましょう。チャージは自販機でもできます。(たまに観光地などでは、無料でパンフレットと一緒に置いてあったりしますが・・・)

使い方は日本のSuicaと一緒で、改札でタッチするだけです。

もしカードは必要かまだ分からないということであれば、1回のチケットは自販機で購入できます。操作は分かりやすいですが、念のため駅名だけメモしておけば、周りの人や駅員さんに聞いて無事に購入できるでしょう。

こちらがチケットです。

また駅での支払いは窓口も自販機もクレジットカードが使えます。ちなみに今回のオーストラリアの滞在で、クレジットカードが使えなかったのは、何とフードコート1箇所だけ!クレジットカードは必需品です。

 

あとスーツケースを持って改札を通る時は、車椅子や荷物を持っている人用の、広い方を使いましょう。遠回りするのが面倒で無理やり通常の方を通ったら、駅員さんに注意されました(笑)

そして電車はなんと2階建て!

電車に乗る時は、少しスーツケース持ち上げる必要あります。重くて難しい場合はドア付近に誰かいればお願いしてhelpしてもらうのがいいでしょう。

でもこの2階建て電車は中の構造が微妙で、、、階段登るか、降りるかしないとメインのシートには行けません・・・。そのためスーツケースを持っていると、入り口のわずかなシートしかありません。立って乗ってもダウンタウンまでは20分程度なので、席が空いてなくても我慢です。

 

ちなみにホテルのある駅に着いたら、何とエレベーターが工事中!駅員さんが、おばあさま方のスーツケースを順に運んでいたけど、、、何人か並んで待っていたので、、、私は何とか自力でがんばって階段を上りました(涙)

投稿者プロフィール

高橋 あやか
高橋 あやか代表
26歳で会社を退職しカナダへワーホリで渡航。現地でインターンをきっかけに留学業界へ。帰国後いくつかの会社を経て留学エージェントBlossa設立。カナダ、オーストラリア、アメリカに留学経験あり。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡