ILSC Montreal

ILSC Montreal

アイエルエスシー モントリオール校

2013年StarAwardsチェーンスクール受賞校!ILSCモントリオール校は17〜19世紀のヨーロッパ調のアンティークな建築が今も残る、オールドモントリオール(旧市街)にあります。モントリオールの他にトロント・バンクーバーにも校舎を構えるカナダで最も大きい語学学校の一つで、アメリカやインドやオーストラリアにも姉妹校があります。

ILSC全校の特徴である豊富なクラスはすべて選択制で4週間のセッション毎に受講クラスが変わるので、長期留学でもいろいろな分野で英語・フランス語学習を続けることができます。

フレンドリーな雰囲気の中、“Student Centred Policy”により型にはまった授業ではなく、楽しみながら興味のあることが学べます。また “English/French Only Policy”により、校内は母国語使用禁止で厳しい面もあります。

4カ国8都市の転校も自由にできるのでカナダ国外のいろいろな都市で勉強できるのも魅力です。また姉妹校カレッジでのビジネスやツーリズム、教授法ディプロマプログラムへの編入、また、大学進学準備コースでは、カナダ国内のカレッジや大学との提携により、学生がより高い教育機関へシームレスに編入ができるプログラムも用意しています。

在学中の新たな目的に応えられるよう、学生の声に耳を傾けた学生中心の学校です。ぜひ在学中に可能性を広げてください。

カナダの四季をフルに活かしたアクティビティも豊富にあるので、学校の外で新しく出会った違う国の友達と共に英語力やフランス語力を上げる訓練にもなります。学校内はとてもきれいで、生徒用ラウンジ、コンピュータールームも完備されています。他の都市への転校、姉妹校の専門学校への編入などグローバルネットワークが充実しています。

ILSCおすすめポイント

ILSCの一番の魅力はそのカリキュラムの豊富さにあります。60種類以上の豊富なプログラムはすべて選択制で、4週間のセッションごとに、自分の好きなクラスを組み合わせて受講が可能です。例えば会話を中心としたCommunication、文法・読解を中心としたAcademic Preparation、ビジネスやコメディー作成やジャーナリズムなど教養系クラス、試験対策クラスなど自分の目標・興味に合わせて選択できます。

授業の多くは様々なレベルが用意されているので、自分の語学力に合ったクラスを取ることができます。自分のスケジュールに合わせて3時間/日・4.5時間/日・6時間/日と選べます。選択制、留学中のコース変更や編入、転校が自由なことからも、長期に渡っても飽きることなく英語の勉強を続けることができます。また、Greystone Collegeと提携している為、英語教授法のDiplomaを取ることも可能です。各国最大30%と国籍制限をしているので、生徒の国籍に偏りはなくいろんな国の生徒と一緒に勉強する事でそれぞれの国の英語のアクセントにも慣れ、異文化交流ができます。

開始日 4週毎月曜日(祝祭日を除く)※2,3周目月曜日なら入校可能
学校規模 中〜大規模
レベル数 11段階
クラス平均人数 10〜12人(最大15人)
生徒人数 夏期:350~560人  冬期:260人~310人
国籍割合 ブラジル22%、コロンビア13% メキシコ12%、ヨーロッパ11%、韓国8%、日本6%、その他28%
日本人スタッフ いる
English/French only policy あり
コース ESL, Business and Humanities Certificate,Cambridge Mastery, University Pathway
姉妹校

カナダ:トロントバンクーバー
オーストラリア:シドニー、ブリスベン、メルボルン
アメリカ:ニューヨーク、サンフランシスコ
インド:ニューデリー

最寄り駅:Place d’Armes / Square-Victoria 駅
住所:410 Rue St-Nicolas
URL:http://www.ilsc.com/

   

一般英語/フランス語

  • Full-Time(21hours/w)月~木はA、Bを受講、金曜日はAのみ
  • Full-TIme Intensive(27hours/w)月~木はA、B、Cを受講、金曜日はAのみ

時間割

ILSCは授業の内容は全て選択制となります。午前中がコアクラス1コマとなっており、こちらでメインの授業を選択します。 コアクラスでは、コミュニケーションのクラスを取る方が多く、 コミュニケーションだけではなく、レベル別に文法や読み書き、スピーキングをまんべんなく勉強します。 他には、進学希望やTOEFL等の試験対策をしたい方などはアカデミック、 専門的な勉強をしたい方は、ビジネスやケンブリッジ英検などを取ります。 午後はスキルクラスで、苦手な科目、興味のある分野など、 みなさんそれぞれ好きな授業を取っております。スキルクラスは スピーキングや文法などそれぞれに特化した内容となっており、種類も豊富です。

Period A 9:00 - 12:00
(Lunch) 12:00 - 13:00
Period B 13:00 - 14:30
Period C 14:45 - 16:00

 

folder←学校の資料はこちらのフォルダから欲しいものをダウンロードできます(Google Drive)

学校動画

学校体験談

お名前:Ms. Rina Mizoguchi
受講コース:French Communication
通学期間:4週間 Intership

英語、仏語どちらも受講して気がついたことは、日本のように黙って先生の話しを聞いて学ぶのではなく、自ら先生、クラスメートへアピールし話をして語学力を伸ばすことでした。そのおかげで各国様々な友人ができ、コミュニケーションや異文化も多く学べました。学校外ではエクスチェンジランゲージや友人のパーティへ行き現地の友人ができました。ボランティアにも興味があり、日本の現代音楽を広げるために活動しているDJの友人とJapanese Clubイベントを催したり、日本のお祭りがあったときには、ステージ司会をやらせていただきました。

モントリオールは移民国家とは知らずに来てしまいましたが、いろいろな国の友人ができたおかげで異文化の面白さを知れたり、日本が世界にとってどういう存在かしれましたし、自分が日本についてよく知らないことを知らされました。今だから言えることは語学を勉強するのももちろん大事ですが、私たちの国日本について知ることも大事だと思います。そして異文化を理解し“待つ”のではなく、何事も自ら進んで行動することが楽しく学べる方法だと思います。いろいろな人に出会い話をすれば、コミュニケーション力が伸びると思います。

 

お名前:Ms. Ryoko Kasamatsu
受講コース:French Communication
通学期間:32週間
英語とフランス語の向上とインターンシップをしてみたかったのでモントリオールは私の条件にあっていました。フランス語の授業で各地(フランス、ベルギー、ハイチ、スイス、ケベック、アフリカなど)のアクセントを聞き分ける授業がありとても興味がある授業内容でした。ケベコアの先生たちは、ケベックで使われているフランス語も教えてくれるので、フランス語では学べないことも学べるので、現地でしかできない勉強をしたと思います。私は本当に恵まれているなと感じたのはホストファミリーがとてもいい人たちです! 私の下手なフランス語でもいつもしっかり聞いてくれて直してくれます。本当に温かいケベコワファミリーでした。インターンをするにあたって自分の語学力はとても大事なので、インターンをする前に勉強は必要だと思いました。派遣先での仕事内容は貿易事務でした。私の部署は会計でエクセルを使い年間の支出の計算をすることをしていました。モントリオールだけに会話は英語とフランス語でした。初めてのパソコン業務に最初は戸惑ったものの、私のスーパーバイザーはとても親切に教えてくれました。この経験を活かし就職活動をしたいと思います。

留学カウンセラーから一言

豊富な選択授業から自分で選択できるのが魅力です。自分の勉強したいこと、また苦手な部分にしぼって効率的に勉強することができます。特に世界的に展開されている学校ならではの評価の高いカリキュラムや施設の充実度は、モントリオールの学校でもトップクラスです。English/French Only Policyも厳しく、しっかりした環境で勉強したい方にもおすすめです。

生徒の国際色はとても豊かです。アクティビティを通して多くの国の友達ができます。多くの国の留学生と交流したい方にもおすすめです。

写真:ILSCスタッフ、Blossaカウンセラー

 

※ご注意
このページに記載されている情報、授業料・滞在費は予告なく変更される場合がございます。初めての方で、お見積り・ご質問はこちらからご連絡ください。

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡