イギリスのビザ

イギリスビザの種類

イギリスで語学学校に通うためには、必ず短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)か、ワーホリビザでの入国が必要になります。観光ビザで通学はできません。

短期学生ビザ

短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)は、6ヶ月以内、7〜11ヶ月の2種類ございます。6ヶ月以内の方は、書類をそろえて渡航すれば、事前申請せず入国時に学生ビザの発行も可能です。7〜11ヶ月の方は日本から事前に申請が必ず必要です。

申請料

6ヶ月以内 £93(事前申請の場合)
7〜11ヶ月 £179

申請時期

申請時期は渡航3ヶ月前から、また渡航3週間前までにビザを取得する必要があります。ビザの取得には学校の入学許可書が必要です。よって渡航5ヶ月前くらいから留学準備、および語学学校選びをしましょう。

注意事項

・現地でビザの延長や切り替えは出来ません。
・アルバイトなどの仕事、無給の仕事、インターンシップ等はできません。
・家族など同行者へのビザの発行はありません。
・学校の出席率は85%以上必要です。
・6ヶ月以内の滞在で入国時に学生ビザを申請の方は忘れないよう注意してください、観光で入国してしまうと通学できません。
・短期間で、短期学生ビザにてイギリスへの入国を繰り返すと、入国の際のチェックが厳しくなったり、トラブルとなる場合がありますので、該当する方は事前にご相談ください。

※イギリスの学生ビザの内容変更は頻繁におこります。公式サイトから必ず最新情報を確認されてください。

短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)
https://www.gov.uk/study-visit-visa

学生ビザ申請代行

イギリスの学生ビザは複雑で近年非常に厳しくなっております。また変更も頻繁にあり、年に5、6回変わることもあります。英語に自信がない方の自己申請はおすすめできかねます。提携のビザエージェントの代行サポートをご利用を強くおすすめいたします。一度ビザが却下されてしまうと、今後のイギリス入国・留学がさらに難しくなります。

申請代行サポート料

32,400円(税込)

お問い合せ・代行申請お申込は、以下のビザ代行会社へ直接ご連絡ください。
http://www.viewgrant.com/index.html

※ビザの申請料は別途必要です。また別途翻訳料が必要となるケースがございます(書類により異なりますが、目安として戸籍謄本8000円、銀行資金証明3000円ほどです)。

ワーキングホリデービザ

毎年定員の1000名の枠がすぐに埋まってしまうイギリスのワーホリビザの取得は難関です。

またイギリスのワーホリビザは、正式にはYMS(Youth Mobility Scheme)と言います。 他の国のワーホリビザとは異なり、ホリデーではなく就労のためのビザですので、入国の際には「イギリスで働く予定である」ことを強調されてください。

ワーホリビザの条件と内容

  • 年齢が18歳以上~30歳以下であること。(渡航は31歳でも可能)
  • 最長2年の滞在が可能
  • フルタイムの就労が可能
  • 期間の延長・在留資格の切り替えは不可
  • 日本国外での申請が可能(イギリス国内での申請は不可)
  • 扶養の子供、パートナーの渡航は不可
  • 以前にワーキングホリデーを取得したことがある方は不可
  • 1890ポンドの資金を証明できること。

 

このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡