ワーホリの仕事の種類、トップ3は?

投稿日: カテゴリー: ワーキングホリデー

リアルなワーホリの仕事の種類本日は、ワーホリの仕事の種類についてです。ワーホリで出発されるみなさん。「現地でアルバイト」を予定している人も多いと思います。

では、実際みんなどんなアルバイトをしているのか?リアルなお仕事情報を大公開!

カナダやオーストラリアにいる日本人のワーホリのみなさんが、どんなところで仕事をしているか、多い順トップ3についてご紹介しますね。

1位. 日本食レストラン

「海外に行ってまで、日系のお店で仕事なんて・・・」という声は多いものの、実際にワーホリ経験者が働いている職種で1番多いのは間違いなくジャパレス(Japanese Restaurantの略)、日本食レストランです。

でも一口にジャパレスといっても、その実態はいろいろ。

たとえば。

*オーナーが日本人でない(韓国人や中国人オーナーのジャパレス、多いです)

*キッチン(ディッシュウォッシャーか調理か)で働くのか、ホール(サーバー:ウェイトレスやウェイター)として働くのか

などなど。いくらジャパレスといえど、お客さんは日本人だけではありません。日本食は大人気のため、お客さんの8割は日本人以外、というお店も多いです。


ワーホリの仕事の種類よって、サーバーの仕事は、最低でも中級以上の英語力が必要。具体的には「注文がとれる」「提供するメニューの説明ができる」「電話でも予約がとれる」求められる英語力はお店によります。

オーナーが日本人でなければ、面接も仕事の指示も英語です。

あとは、日本人オーナーのお店でない場合、日本食のお店だけど、同僚は日本人以外(たいていアジア人)ということも。

ジャパレス=日本語環境ではありません。

逆に、オーナーが日本人で、同僚も日本人で、さらにはホールではなくキッチンのお仕事、となると、ほぼ100%日本語環境になります。

英語力ゼロ、「アルバイトができればなんでもいい」という場合は、こういう仕事が狙い目。ただし「カナダにきてまで、なんで皿洗いのバイトしてるんだろう、、、」となってしまうことも。

でも、そもそもの目的が「何がなんでも1年間海外で生活してみること!」という方の場合、日本を飛び出して、異国の地でアルバイトを見つけて、自立した生活ができてるんだから立派なものです。

2位. カフェやベーカリー

リアルなワーホリの仕事「英語環境で仕事をしたい!」という方、特に女性にはとっても人気のカフェのお仕事。こちらも一口にカフェといっても、日本でいうところの「ドトール」「ベローチェ」「タリーズ」とか「スタバ」のようなチェーン系のカフェもあれば、完全に個人経営のカフェもあります。

そしてカフェの中にも、レジを担当する「キャッシャー」と、実際にコーヒーをいれる「バリスタ」の仕事に分かれていることも。

あとは、パン屋さん、ドーナツ屋さんも多いので、「サンドイッチを作る」「早朝からパンを焼く」なんて仕事をしている人もいます。

一般的に、ジャパレスよりは求められる英語力はやや高め。それでも、チェーン系のカフェでは「この店舗は留学生のアルバイトが多い」と、オーナーさんが積極的に留学生を採用してくれる、という場合も。

ちなみに、日本でも人気のスターバックス、こちらはカナダでも「日本のスタバで経験がある人しか採用されない」という噂があります。実際私の知っている限り、日本でカフェ経験がなく現地のスタバ採用された人は、英語力がとっても堪能だった方ひとりだけしか知りません。

いずれにしても、英語力だけの問題ではなく、まったくの未経験よりも、日本で少しでも経験があった方が、アピールポイントになったり、仕事を覚えるにも精神的な余裕が違います。

「現地で絶対カフェバイト!」と決めている方は、可能なら、日本で少しでもカフェのアルバイトを経験しておくといいですよ^^

3位. お土産店・ホテルのベッドメイキング

感覚的には同率三位。お土産やさんはダウンタウンのあちこちにあります。あとはリゾート地にもけっこうある。ホテルの中にあることも。

ワーホリのお仕事と種類日本人観光客は一定数いるし、英語がものすごく堪能じゃなくてもできる、ということで人気。どれくらい英語環境かはお店次第です。

そしてホテルのベッドメイキング。こちらはけっこうハードなお仕事。カナダもオーストラリアも、観光大国で、都市部やリゾート地のホテル数はかなりのもの。採用時の面接や上司、先輩からの指示は全部英語、だけど実際の業務(ベッドメイク)は高い英語力が必要ないということで、英語が中級程度でも採用のチャンスがある模様。けっこう腰が痛くなる、という話も聞きます(笑)

その他。日系旅行会社のツアーガイド、日系の情報誌(フリーペーパー)やウェブサイトを運営している会社で、営業やライターのお仕事、留学エージェントでカウンセラーのアシスタント、ハードルは高めだけどお洋服屋さん、庭師(ガーデニング)、都市部を離れたらファームのお仕事など、ワーホリの仕事の種類は色々です。

なんにしても、まずは英語力!そして情報収集ですよ!

投稿者プロフィール

寺地 えり
寺地 えりディレクター
10年以上留学業界で働くベテランカウンセラー。留学生からカリスマ的な人気を誇り、留学後も多くの留学生から人生の先輩として頼りにされる。留学、ワーホリ経験はもちろん、カナダ国内だけで15都市以上滞在、TOIEC900点以上保持。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡