キャリアカウンセラーに聞いた!留学後の就職を成功させる方法

投稿日: カテゴリー: 就職・転職

グローバル化がすすみ、英語のコミュニケーション能力や海外経験を持つ人への需要が広がる中、仕事を退職したり大学を休学して長期留学する方が増えています。同時に、留学をブランクと捉え、キャリアにとってマイナスになると考える人も少なくありません。帰国後の就職のこと、すでに積み上げたキャリアのことを考えて、留学になかなか踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

社会人留学でも大学の休学留学でも、帰国後には就職活動が待っているという人がほとんどです。そんな中で、留学やワーホリの経験を活かして、日本での就職活動を成功させキャリアアップしている人もたくさんいます。日本にも語学力がある人がどんどん増えている中、帰国後に就職を成功させるために必要なことは何でしょうか。就職を成功させるポイントと、留学を帰国後の就職に活かすためのポイントについてご紹介します。

1.留学前にすべきこと

留学での目標や目的を明確にすること

帰国後の就職活動で聞かれる質問といえば、「なぜ留学したのですか?」です。留学の理由をしっかり説明ができなければ、企業側には「留学=休暇」のようなイメージを取られかねません。就職のためだけではなく、海外で目的を持って生活をすることで、留学期間を有意義に過ごせますし、その他のビジネスに必要な能力を身につけることも可能です。

留学プランは帰国後の就職を意識して立てる

留学の目的を明確にするだけでなく、目的やどのような就職を考えているかに合わせた留学プランを立てることも重要です。英語を話せる人が増えている昨今、「英語+資格」の留学を選ぶ長期留学生も増えています。ホスピタリティーやツーリズム、ビジネスや貿易関連の資格なども人気があります。英語で英語以外の何かを学ぶということがより英語力を高めてくれることはもちろん、英語以外の資格の取得や精神的にも自信に繋がります。

退職や休学後はなるべく早く渡航する

留学準備と仕事や学業の両立で疲れてしまい、渡航前に少しお休みをして渡航するという方は少なくありません。しかし、採用する企業側からすると、経歴にブランクがあると見られることもあります。もちろん、準備の関係やお仕事、学校の入学のタイミングなどで、渡航が遅れることもあると思いますが、なるべく早い渡航がおすすめです。

2.留学中するべきこと

留学でしかできないことをする

「留学で何をしましたか」と聞かれたとき、「語学の習得」と答える人と、「海外で得た経験をもとに学んだこと」を語れる人では、後者のほうが企業にとっては魅力的にうつります。英語を学ぶだけなら日本でもできますし、海外でしかできないような経験や活動をしてきた人は「行動力がある」と判断してもらえます。

英語の資格

英語の資格を取得しておくに越したことはありません。英語での面接などほとんどない日本の企業では、英語のスコアで英語力を判断されることは少なくないからです。例え、留学での経験や活動をしっかりと話すことができたとしても、語学力を身につけることを目的に渡航していた場合は、その点も企業側は見ています。

また、帰国後に英語の資格の取得を検討している人もいますが、帰国後は就職活動を早く始めるのがおすすめです。帰国前に資格を取得しておけば、帰国後すぐに就職活動をを始められ、また就職活動で英語の資格をアピールできます。

3.帰国後にするべきこと

留学で得たものを理解している

留学で得られるものは「語学」だけではありません。英語を使う仕事であったとしても、企業の多くは「語学力」だけで採用しているわけではありません。海外留学で得たものを自分で理解できているのかかどうかも重要です。また、その経験をきちんと言葉にできていないという人も少なくはありません。せっかく留学をして良い経験をしているのに、自己PRとして使えなくてはもったいないですよね。留学を自己PRとして使えなければ、自分の留学に自信が持てていないとも捉えられてしまいます。面接で自信を持って留学中のエピソードを語れるように準備しておきましょう。

帰国後のスピード感

休学や留学で仕事にブランクがある場合、帰国してから就職活動を始めるまでに時間が空くとブランク期間はどんどん長くなります。日本の企業はブランクの空いている人を嫌がる傾向にあります。帰国後すぐに行動ができる人は、やる気や勢いがあるというアピールにもなるので、早めに行動を開始すると良いと言われています。

帰国後、どのような進路に進みたいのかを自分なりにまとめておくことはとても重要です。留学中や留学する前から興味のある業界や職種について調べておくと、帰国前からリサーチを開始することも可能です。

英語だけが全てではない

帰国後は「就職先で英語を使う」ということに固執してしまうかたもいらっしゃいますが、留学で得たものは英語力だけではないと思います。実際に私も現地での就職先が帰国後の就職に大きく影響したと思います。英語を使うこともある仕事ではありましたが、英語が必須という会社ではなく、現地でのイベントやブライダルへの関わりを大きく評価してもらい採用に至りました。

キャリアカウンセラーセラーに相談をする

人材紹介会社を利用すると、無料で企業の求人の紹介や面接などのコーディネートをしてくれます。Blossaでも人材紹介会社と提携し、無料でカウンセリングを受けることも可能です。お気軽にご相談ください。

 

投稿者プロフィール

河野 ゆみ
河野 ゆみ
オーストラリア、ドイツ、カナダに留学・ワーホリ経験がある元留学カウンセラー。旅行では15カ国を訪れ、海外での様々な経験がどれだけ自分の幅を広げるかを実感。結婚を期にドイツに移住、英語、ドイツ語を習得。現在はウェディングプランナーとして独立し、ドイツと日本を拠点に活躍中。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡