失敗しない語学学校の選び方 その2

投稿日: カテゴリー: 語学学校

留学・語学学校の選び方の続きです。今日はポイント3と4。

前回のポイント1.学校を選ぶ基準を知る、ポイント2.希望に優先順位をつけるはこちら

ポイント3.ネットの口コミは信じない

いまの時代、インターネットで簡単に情報が手に入るようになりました。でも逆に、多くの情報に振り回され、なかなか学校を決められなくなってしまう人もいます。

Blossaでは、ネットの口コミは参考にしなくていい、とご案内しています。

参考にしなくていい、どころか、個人的にはネットの口コミは見なくていい、と言いたいくらいです。

よく考えてみてください。その口コミはいつ誰がどういう意図で書いたのでしょう?発信者は信頼できる人なのでしょうか。何百人も通っているはずの学校の、たった数人の感想です。

いいことばかり書いてたら、もしかしたら特定の学校から広告費をもらっているかもしれません。逆に否定するような内容が書かれていても、もしかしたらその人に問題があったのかもしれません。

そして学校の状況は常に変化します。昨年の情報はもう役に立ちません。1年で学校の内容や評判、経営状況が変わることはよくあります。

情報は量ではなく、質が大切です。信頼できる新しい情報を参考にしましょう。 

4. 結局最後は自分次第。

どんなに評判の良い学校でも、最終的には自分自身の心の持ちようで、良い学校にも悪い学校にもなりえます。

隣の芝生は青く見える、といったように「あっちを選んでいたらもっと~〜〜だったのかな」と思うかもしれません。 そのように考える人は、結局どこの学校に通ってもそのような思考になりやすいです。

中には、どの学校でも不満ばかり、学校を何度も変えては勉強が中途半端になってしまう人もいます。

逆にどの学校に行っても一生懸命勉強して楽しく過ごす人もいます。

 

カウンセリングを重ね、学校を比べて検討し、選んでいる訳ですから、あとはその学校でポジティブに、充実した生活を送りながら、しっかり学ぶことが重要です。

結局、良い学校になるかどうかは最終的に自分次第。

満たされなかった部分にばかり目を向けるのではなく、 選んだその学校の環境を100%活用してやる!という気持ちが大事です。

学校選びにどれだけ時間をかけても英語力はのびません。選んだその学校で、少しでも高いレベルのクラスからスタートできるように、学校選びに時間をかけるのではなく、その時間を英語の勉強にあててくださいね。

語学学校選び、いつでもご相談ください。

投稿者プロフィール

寺地 えり
寺地 えりディレクター
10年以上留学業界で働くベテランカウンセラー。留学生からカリスマ的な人気を誇り、留学後も多くの留学生から人生の先輩として頼りにされる。留学、ワーホリ経験はもちろん、カナダ国内だけで15都市以上滞在、TOIEC900点以上保持。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡