カナダ留学・ワーホリ人気都市、バンクーバーVSトロント徹底比較

投稿日: カテゴリー: カナダ留学, 留学準備

カナダ留学・ワーホリ

カナダ留学・ワーホリ人気都市、バンクーバーVSトロント徹底比較

カナダ留学の人気都市バンクーバーとトロント、今回はそれぞれの特徴を留学のメリット・デメリットと一緒にご案内します。

カナダは、ミュージカルやスポーツ観戦などのエンターテイメントと、雄大な自然の両方が楽しめる、留学やワーキングホリデーの滞在先として人気の高い国です。また、世界の住みやすい都市にも毎年多くの都市がランクインしており、移民が多く外国人にも優しいため、初めて海外での長期滞在を検討している人にもオススメです。

今回は、そんな魅力たっぷりのカナダで人気2都市のトロントとバンクーバーを比較しながらご紹介します。カナダでの滞在都市を検討中のかたは、ぜひ参考にしてみてください。

日本人の数:日本人が少ない都市を選ぶならトロント?

多くの留学生からも耳にしますし、私自身両都市で滞在してみて、バンクーバーに比べトロントは街中で日本語を聞く機会は少ないです。ただそう感じる理由の一つに、トロントはバンクーバーに比べ街が大きく、語学学校も点在していることから、より日本語を聞く機会が少ないという意見もあります。どうしても、留学生の方が同じところに集まってしまいがちです。

外務省による海外在留邦人数ではバンクーバーはトロントの約2.5倍の日本人が住んでいるとされていますが、日本人以外にもアジアからの移民が多い都市です。また、バンクーバーは日本人が多いことで日本語サービスも充実しており、海外生活に不可欠なアパートの契約や医療など多くのサービスを日本語で受けることが可能です。

一方、移民をたくさん受け入れていることでも有名なカナダ、その中でも特にトロントは移民が多く、国外で生まれた移民の割合が世界で2番目に多い都市と言われています。そのため、アクセントのある英語を耳にすることは多く感じられるかもしれません。しかし、世界中からきた人々と関わり、多くの異国文化に触れることができることはトロントの大きな魅力です。

また最近はバンクーバー以外の都市の人気も高まり、バンクーバーに日本人が多いとはそこまで感じないようです。当然、日本人以外の人種の方が圧倒的に多いです。むしろ日本語サービスやお店が多いことは、初めての留学や長期滞在の方、仕事を探すワーホリの方には大きなメリットです。

留学に不安を感じている方はバンクーバー、厳しい環境でやってみたい、たくさんの国の人と友達になってみたい、という方にはトロントがオススメと言えます。

気候:寒さに弱ければバンクーバー!

トロントの冬が厳しいということは有名ですが、夏は気温が30℃前後と暑いくらいの気温になります。真冬には雪が積もり路面が凍結ということもしばしば、マイナスの気温が続くことも普通です。気象庁の発表によると、昨年12月のトロントの平均気温は-0.4℃、今年の1月は-0.5℃です。同じ時期で東京は8.9℃、5.8℃という発表でしたので、平均気温でも5℃から10℃近くトロントのほうが寒いということになります。

一方、バンクーバーはカナダの中でも温暖な気候で有名で真冬でも雪が降ることは稀です。夏は天気の良い日が多く、気温が大幅に上がることも少なく、湿気もないため日本の夏に比べたいへん過ごしやすい気候と言えます。ただ、バンクーバーは1年を通して雨が多いため、雨が苦手な方にとっては気分が落ち込む日も出てくるかもしれません。

どうしても寒い土地には住めない人バンクーバー、雨が苦手な方はトロントがオススメです。

物価:バンクーバーがトロントに比べると全体的にはやや高め

以前は街の大きなトロントのほうが物価も地価も高いことで有名でしたが、近年、バンクーバーの物価が急激に上がり、地価の上昇にともない賃貸の値段も上がっています。私がバンクーバーに滞在していた2012年ごろはその影響も顕著で、バスの隣に座ったおばさんから「物価が上がって大変なのよ」などと愚痴をこぼされることもしばしばありました。一方トロントは、近年の不景気の影響で物価は大幅には上がっていません。ただ、バンクーバーは日本人が多いため、日本食材などはトロントに比べるとリーズナブルでてに入れやすいです。

もちろん、購入するものや住む場所によって物価や家賃は変わってきますが、物価だけ見るとトロントの方がやや暮らしやすいと言えます。

アクティビティ:アウトドア派はバンクーバー、エンターテイメント派はトロント!

バンクーバーからは、ウィスラーやロッキー山脈へのアクセスもよく山のアクティビティが楽しめます。ダウンタウンから30分以内で気軽に行けるスキー場もあり、冬の留学でスノーボードを楽しみたい方にも人気があります。山以外にも、ダウンタウンからすぐ行ける距離に、ビーチ、大きな公園もあり、イングリッシュベイから眺める夕日やスタンレーパークでの散歩なども楽しめます。また、アメリカのシアトルまで車で3時間、バスで4時間のため、多くの留学生がシアトルを訪れています。物価の安いアメリカで買い物をしたり、アウトレットもあるのでお買い物好きにはオススメの小旅行です。

対してトロントは、トロント国際映画祭が開催されたり、アイスホッケーなどのスポーツ観戦が盛んです。フランス語圏のケベックやモントリオールへの旅行もしやすく、ナイアガラの滝も近いので旅行やエンターテイメント好きの留学生に人気です。おしゃれな古着屋さんやカフェなども多く、移民の街などもあり留学生にとって刺激の多い街です。

バンクーバーは自然が身近で美しい街ですが、小さい街のため飽きてしまう人もいます。アウトドアはで小さい街でも満足が出来る人はバンクーバー、より刺激的な場所を求めるならトロントがオススメです。

治安:どちらの都市を選んでも警戒心を持って生活すること!

日本でも夜の一人歩きは避けたほうが良い場所があるのと同様、カナダにもそういった場所はあります。昼間と夜で雰囲気の変わってしまう街、同じ都市でも雰囲気が違うと感じた場合は引き返すのが懸命です。同時に、夜間の一人歩きはしない、明るく人通りの多い道を選ぶ、知らない人には付いていかないなど、日本でも言われているようなことには気をつけてください。また、自分の持ち物には十分な注意を払い、スリや置き引きにも警戒してください。

とはいえ、どちらにも滞在したことがありますが、一度もトラブルにあったことはありませんし、見かけたこともありません。カナダは全体的に治安の良い国で、カナダ以外の国の都市と比べると治安は良いと言われています。

カナダバンクーバー留学

いかがでしたか。トロントもバンクーバーもそれぞれに良いところがあり、全く違った特色があります。余計に迷ってしまった方もいるかもしれませんが、留学やワーホリの目的に沿った滞在先を選ぶと良いでしょう。

留学目的がはっきりしないという方も、カウンセラーと話しているうちに目的が見えてきます。お気軽にご相談くださいね!

投稿者プロフィール

河野 ゆみ
河野 ゆみ
オーストラリア、ドイツ、カナダに留学・ワーホリ経験がある元留学カウンセラー。旅行では15カ国を訪れ、海外での様々な経験がどれだけ自分の幅を広げるかを実感。結婚を期にドイツに移住、英語、ドイツ語を習得。現在はウェディングプランナーとして独立し、ドイツと日本を拠点に活躍中。
このページが気に入ったら、シェアしてくださいね♡